個人別指導

算数・数学教育の難しさ

算数・数学は理解し習得する時間の個人差が大きい教科です。また、数学には代数、関数、図形といった分類があり、それぞれに得意、不得意が見られます。だから単元別に時間をわりふった一斉授業ではそれぞれの能力を精一杯伸ばすことが難しいのです。
そしてなにより、算数・数学で一度混乱してしまうと追いつくのがたいへんです。そうなると一人ひとりの学力に応じた説明や練習量を変える必要があります。つまり、定期的に、長期的に、粘り強く学習を続けていってはじめて、地力がついてくるのです。算数・数学という教科は一気には成績が向上しない教科だと言うことができます。

 

個々人の能力を引き上げますstudy_003.jpg 

数学で育ちあう会の教室は「個々人の能力をひき上げる塾」です。学校のような講義式の集団教育ではなく、一人ひとりの学力に応じたところから個人別の学習を進めていきます。当会の教室では、入会時に「学力診断」を受けていただき、個々人にあったカリキュラムをくんで、無理なく自分の力で勉強できるところからプリント学習を進めていきます。
学校より少し遅れたところから出発する生徒さんも、わからなくなったところから戻って系統的に学習するので基礎・基本がしっかり身につきます。分かってどんどん進む生徒さんは、学校よりも高度なレベルの内容や、教科書の先の単元を学習することができるので、高校や大学の受験には有利です。

全国の数学で育ちあう会(数育会)の教室情報はこちらをご覧下さい。

 

▲このページのトップに戻る